Informe de Los Poblanos Vol.1

サンタフェのロスポブラノスのビラからお届けする、レポート。
第1回目はロスポブラノスのラベンダーオイルの蒸留方法をご紹介します。

ロスポブラノスでは水蒸気蒸留法という昔ながらの手法を用いて、オイルの抽出をしています。こちらのオイルはエッセンシャルオイルだけでなく、ロスポブラノスのボディーケア商品全てに使われているものです。また蒸発した水の方は集めてハイドロソル(全身につかえるラベンダースプレー化粧水)として2012年より限定販売しています。

process-01

収穫されたラベンダー。ロスポブラノスのラベンダーの収穫時期は6月。全て手で刈りとる作業はかなりな重労働です。

process-02

ヘッドファーマーのSeanさんに蒸留の流れについて説明していただきました。ちなみに刈入れからすべてオーガニックの認定基準について沿わなくてはいけないので、使用するバケツでさえラベンダー専用でないとUSDAオーガニック認定がおりないという厳しい管理のもとで作業が行われています。

process-03

蒸留機にラベンダーをどっさりと投入。ちなみにこの蒸留機、通常のものより小さい事にお気付きになりましたか?「ロスポブラノスのラベンダー農園のサイズにあったものを特別に作ってもらったんだ。手仕事でできるサイズ。って注文したんだよ」との事。なんともロスポブラノスらしい特注です。

process-04

蒸留機の蓋をしめてホースに繋ぎます。

process-05

装置全体はこのような状態。待つ事約15分ほどでタンク横のコイルの中を蒸気つたってきます。

process-06

コイルの中をつたってきた蒸気が、冷やされて水滴となって、フラスコに注ぎます。まさに一滴一滴と、じっくり抽出されていきます。

process-07

フラスコ上部の黄色く見える液体がオイル。その下の透明な水がハイドロソル(蒸留水/ラベンダー化粧水)です。

process-07

フラスコ(写真奥)の首のあたりまで蒸留物がたまると、オイルとハイドロソル(蒸留水)が分離されはじめます。右の青いボトルに、 ハイドロソル、手前のフラスコにラベンダーオイルが注ぎ込まれていきます。作業部屋一杯にラベンダーの香でつつまれます。蒸留が終わるまで約2時間のんびり作業は続きます。

時間をかけて抽出されたオイルには芳香成分はもちろん、ラベンダーのもつ植物の力がたっぷりと含まれています。またハイドロソルの方には、水溶性のラベンダー成分がたっぷり溶け込んでいるそうです。

process-07

SeanさんとKyleさん。ご説明ありがとうございました。
蒸留し終わったラベンダーは畑や脇道にまいたりして虫除けとして再利用されるそう。自然と循環していくこともロスポブラノスのポリシーの一つだと感じます。

 

関連商品

 

ラベンダーオイル 5ml

¥3,990(税込み)

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing